農薬並に効果があるニコチン対抗薬チャンピックス

チャンピックスは禁煙外来で処方される薬の一種です。チャンピックスは脳内でニコチンに代わって受容体に接するので体内にニコチンを必要なくする薬と言われています。禁煙は薬を使わなくてもできるはずと頑張る方が多いのですが、勘違いしている方が多いようです。ニコチン中毒は病気です。癖と同様に修正できると考える方も多いのですが、注億症状は人によってかなり異なり、タバコの本数が少ない方でも重度の中毒症状をともなう場合もあります。そのため、適切な治療を禁煙外来で受けながらチャンピックスのような薬剤を利用して中毒症状を緩和しながら禁煙していくことがとても大事です。チャンピックスは近年外来で使われるもっとも大きな理由として受容体にとても早く接することがあります。ニコチンよりも早く接しないと脳がニコチンを欲する状態を改善できません。チャンピックスは一部の農薬と同じような状態を作り出します。農薬では虫を寄せ付けないために農作物を食べると死ぬ、美味しくないなどの情報を虫に植えつけます。この農薬の性質をチャンピックスは受容体で行います。ニコチンは必要ない、タバコは美味しくないのだと体に教える性質があり、効果を出してます。ただし、効果はひとそれぞれ差があり、例えば少量のチャンピックスでも効き目がとてもよく、すぐに禁煙できたという方もいれば長い間投薬してようやく改善してきたという方もいます。特に、初期の頃の投薬で禁煙ができたという場合に投薬期間を短縮、もしくはやめてしまう方も少なくないのですが、中毒症状はそれほど簡単になくなりません。薬をやめるとすぐにタバコが欲しくなり、禁煙治療をやり直したという方も多く、医師の適切な治療が重要です

ページトップへ