チャンピックスを安く利用するなら保険適用の禁煙治療

禁煙補助剤・チャンピックスを購入するには、日本では原則として医師の処方箋が必要であり、一般の市販薬のように薬局・薬店で購入することはできません。必ず禁煙外来で医師の診断を受けてから処方してもらう必要があります。病院を受診せず専門の通販サイトを通して個人輸入の形で入手するという方法もありますが、チャンピックスには決められた飲み方があり、医師の指導の下に正しく服用してこそ効果が出るものです。また、個人輸入では類似品が出回っている可能性もあります。さらに個人輸入の場合は当然保険適用にはなりませんから、価格も高額になります。
禁煙外来で保険適用による禁煙治療を受ければ、チャンピックスを安価に利用することができます。ただし、保険適用になるにはいくつかの条件があります。まず、ニコチン依存症のテストで5点以上になること。これはタバコや禁煙に関するいくつかの質問に答え、1項目当てはまるごとに1点加算していくというものです。次に、1日の平均喫煙本数に喫煙年数をかけたブリンクマン指数が、要禁煙治療対象となる200以上であること。さらに1か月以内に禁煙する意志があること、禁煙治療を受けることを文書で同意すること、この4つの条件を満たせば保険適用となり、チャンピックスを安価に入手することができます。
なお、禁煙治療は1回で成功しないケースも少なくありません。一度失敗したけれど再度チャレンジしたいというとき、保険適用は受けられるのでしょうか。この場合、前回の禁煙治療の初診日から1年以上が経過していれば、再び保険診療が受けられます。1年未満の場合は自費診療となり、チャンピックスを安価に利用することはできなくなるので注意が必要です。

ページトップへ